本ブログ管理人のプロフィール

はじめまして。当ブログにお越しいただき、ありがとうございます!

ここでは、私のプロフィールをご紹介します。気軽に読んでいただければ幸いです。

まずは簡単なプロフィール

杉本竜弥(すぎもとたつや)

1988年、愛媛県生まれ、愛媛県在住。妻と息子(3歳)がいます。

マルッと何でも相談を受けるデジタルマーケターとして、フリーランスで活動してます。

地方は都会と違って、そもそも「インターネットって必要?」と思っている方も、まだまだいらっしゃいますからね。しかも、業界用語はわけわからんし…。という言葉もよく耳にします。

そのため【地方のWeb相談所】の立ち位置で、デジタルのことを何でも相談できる立場でいられるように努めてます。難しい言葉を使わない、わかりやすい言葉を使うように、気をつけています。

※仕事の詳細は、こちらから。

2017年3月に、会社員をやめました。

  • なんのために、働いているのか
  • 自分は、なにがしたいのか

ということを、本気で考えました。

考え、考え、考えまくりましたが、結局、「これ!」という答えが出なかったのが、正直なところです。

今、振り返れば、自分の生き方を模索していたのだと思います。

フリーランスになれば当然、会社という守りはなくなります。良くも悪くも、常にお金と家族を養う義務に、強い責任を感じるようになります。

そんな中、僕がたどり着いたのは「シンプルに考える」ということでした。

シンプルな考え方で、シンプルに生きる

単純ですが、なかなか難しい…。なぜなら、頭の中は雑念だらけだからです。贅沢したいとか、旅行したいとか、もっと寝たいとか…。

「目の前の責任から逃げてるな。自分、ダメじゃん。」って、思ってました。

ただこのダメだというのも、「考え方」と「行動」次第で変えられるということ知りました。その知るきっかけは、もちろん人との「出会い」からです。

考え方 × 行動 × 出会い

この思考で、人は変われる。

数々の出会いから、今ではそう思うようになりました。ほんとに出会いに感謝、感謝です!!!

  • こういうときは、こう考える
  • こういうときは、こう対処する
  • こういうときは、こう立ち振る舞う

出会いから教わった考え方と、自分で学んだ考え方を、行動で試してみる。
そして、師と仰ぎたい人の行動をTTPする(徹底的にパクる)。

この繰り返しで、シンプルに生きる術を学んだように感じます。

こんな私が成長できている学びを、同じ境遇の人に届けたい!今度は僕が誰かの役に立ちたい!という思いで、このブログを開設しました。

悩める頑張っている人のために、本ブログは役に立てば嬉しいです。

このブログで伝えたいこと

このブログで伝えたいこと、発信することは主に3つです。

  • シンプルな生き方について
  • 学びのアウトプットについて
  • お金や仕事など、生きていくノウハウ

では、それぞれ3つの伝えたいことについて、掘り下げていきます。

シンプルな生き方について

自分の人生を生きる上で大切なことは、この4つに集約されると感じました。

  • お金
  • 健康
  • 時間
  • 心の安定

この中でも、私は「心の安定」を大切にしています。

理由は、実際にフリーランスになった当初、心が落ち着かず、不安にかられまくったためです。

  • お金がない
  • 時間がない

この悩みは、誰しも起業当初は感じるものだと思います。

そりゃそうですよね。お金がないと生活できない!と思いますし、安請負ばかりしていると、会社員の方が時間があって楽だった!と思ってしまうものです。

心の安定は、そういった悩みの解消に直結します。いわば、すべての土台です。

心が安定していれば、しっかり考えることができます。目先の損得に流されずに済みます。

だからこそ、心の安定に、私は重きを置いてます。

  • 自分はできる!
  • やってやる!

心が安定してくると、不思議と「あれ、自分はやれてる?」と、勘違いするようになります。言い換えれば、自分に自信がついてくるようになります。自信が持てれば、行動力が格段に上がります。

いいことづくしですね!

また「健康」については、そもそもストレスを感じ過ぎると悪化しちゃいます。
心が安定していれば、ストレスに感じることが少なくなります。

学びのアウトプットについて

大学生の時に、インターンシップで中国に1カ月滞在しました。生まれて初めての海外でした。

海外でまず感じたことは、知らないことって、恐ろしいということ。「井の中の蛙大海を知らず」とは、まさにこのことだと感じました。

体験するって、本当に大事!行動しないと、何も始まらないし、何も変わらないと思ってます。

良かったこと悪かったこと、行動して感じた学びをアウトプットします!

お金や仕事など、生きていくノウハウ

お金に関して、フリーランス歴2年の僕が感じることは、

  • キャッシュポイントが一つだと、必ず苦しくなる
  • 相手に依存するビジネスは、疲弊しがちになる
  • やり方を変えていかないと、頭打ちになる

の3点です。

とにかく一つの仕事に執着したり、今までのやり方に執着することが、恐ろしいほどリスクとなり得ることを、身をもって感じました。

「お金」について真剣に考える機会が増え、発想と行動でいくらでも儲けられると感じました。

仕事でやって良かったことや、実際に仕事に活かしていることなどを中心に発信していきます。

  • 心が安定すると、お金の心配がなくなる
  • お金の心配がなくなると、時間にゆとりができる
  • 時間にゆとりができると、健康的な毎日が送れる

これは、確実にいえる思います。

多少の順変動は場面場面であるものの、この流れは僕の考える自分の人生を生きる上での大切なプロセスです。

私の生い立ち

ここからは、私の生い立ちを書いていきます。

誕生~学生時代を振り返る。

まずは、愛媛で過ごした誕生~学生時代を一気に振り返ります。

生まれ年は1988年。みかんと道後温泉で有名な愛媛県で生まれました。

家族は、両親と妹。父の職業は、機械の電気配線を組む仕事。自営業。母の職業は、専業主婦。僕が中学生の頃から、看護師として復帰しました。

一般的なサラリーマン家庭とは異なり、父の後ろ姿を見て育ちました。自営業と言いつつも、肩書きは社長。その時から「社長って、カッコイイな!」と思ってました。

振り返れば私は、とても手間のかかる子どもでした。

  • 思い通りにならないと、すぐにぐずる
  • かといって、したいことをはっきり言わない(父が恐ろしく怖かった)
  • 嫌いなものは、絶対食べない
  • 他人をいつもうらやましがる

最悪ですね。w

自分が現在子育てをしていて、実際に自分の子どもが自分自身であったらと考えると…恐怖でしかないです。「母はよく耐えたなぁ」と、感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。

自分にはできないことができる友達には、「あいつはできて当然だよ」とか、言い訳ばかりしてました。うらやましくて、いつも環境のせいにばかりしていました。

きっとその頃から、自分の足りないところに気付いていながらも、努力を怠り、できない言い訳を探していたのかな?と感じます。

自分を変えたい欲は人一倍強く、昔から知らず知らずのうちに「できる自分」を求めていたと思います。

学生時代のことを超ざっくり話すと、それぞれこんな感じです。

  • 小学校は父の影響で「スポーツしろ!」と嫌々やる。唯一、すもう部と水泳部だけは楽しんだ。この頃、リコーダーにハマる!
  • 中学校は吹奏楽部で音楽漬け。一切、スポーツはやらなくなる。父の期待に背く。
  • 高校も継続して吹奏楽部にハマる。ハマりすぎて音大を受験するも、撃沈。後期で運よく地元の大学に受かる。

大学3年の時に、最初の転機が訪れました。先ほど記載した、中国でのインターンシップです。

最初は、心配で心配でたまらなかったのですが、学生中に何かを残したい!という思いで、参加を決意しました。決意してからは不安で不安で、正直行きたくなかったです…。

そのインターンシップで一緒になった、1年上の先輩・みっちゃん。みっちゃんとの出会いが、今の自分の支えとなっているとつくづく思います。

あの時、勇気を出して中国へ行くことを決意しなければ、今の自分はないなと感じます。

みっちゃんから教わったのは、この3つ。

  • できないことを「できない」で済まさず、「どうしたらできるか」を考えること
  • なりたい自分に近づくため、授業以外の勉強をすること。本を読みまくるべし
  • 自分の意見をしっかり持つこと

でした。

学科を主席で卒業し、過去誰も採用された実績のない大手メーカーから内定受けまくりの、みっちゃん。しまいには、英語はペラペラ。「同じ学校にこんな人がいたんだ…」と、ただただ衝撃でした。

インターンシップから戻ってからは、ありとあらゆる本を読み漁りました!もう、完全にみっちゃんへの憧れです。あぁなりたい!と思い、苦手な読書が趣味に変わりました。

私のおすすめする、本を紹介してういます。これで、人生が変わりました☟

あわせて読みたい
自分らしい人生を歩む上で勉強になった、僕が「生き方を学んだ本」を紹介する こんにちは、Sugimoです。 Instagramのフォロワーが、お陰様で19,000人を超えました。自分らしい人生を歩みたい...

ただ本に書かれてあることばかり勉強していた反動で、学校の授業はさっぱりわかりませんでした。w

新卒、転職、起業を経て。

大学を卒業後、最初に就職したのは、大手スーパーでした。青果課に所属し、野菜や果物を売っていました。このとき、初めて物を売る楽しさを知りました。

その就職先にもいたんです。憧れる存在の先輩が…。

朝市場に行って野菜を仕入れ、それを店頭に並べて、売る。単純作業の繰り返しと思っていたのですが、実は奥が深くて、どれだけ自分のお店のファンを増やせられるかがポイントであることを学びました。

自分のしたいことを真っすぐにする先輩には、数字も付いてくる。カッコイイですよね。そんな先輩に憧れて、ひたすらや働きました。

その先輩から学んだことは、

  • マネージャースキルが高い
  • 何を売りたいかが明確である
  • どうすることで喜ばれるかがわかっている

加えて確固たる自信が備わってました。

24歳で結婚し、結婚を機にUターンで愛媛に戻りました。

25歳のときに、地元のWeb中心の広告代理店に転職しました。

はじめは慣れない業界用語や、パソコンの前で一日中にらめっこすることが苦痛でしたが、物を売る作業が、店舗からネットに変わっただけでしたので、仕事内容は楽しめました。

広告代理店ということもあり、BtoBで働くことや、他業種の方と交流も持つことは、自分の大きな成長に繋がったと感じてます。

29歳のときに、もっと地元の人の力になりたい!と思い、デジタルマーケターとしてフリーランスになりました。

ほんとに独立してわかったことは、独立前の想像以上でした。多分、この「わかる」というのも、人それぞれ環境によって異なるのかな?と思います。

  • お金がなくなると、「好き < 得する」を選びがちになる
  • 自分を変え続け、マーケットに適合させないと潰れる
  • 余裕がなくなると、大切なものを見失いがちになる

今はこの3つの教えを活かすために、パラレルに働いています。●●屋という看板を捨て、自分のポジションをどこに置くのかを模索しながら働いています。

さいごに

生きている限り、不安を0にすることは難しいです。ただ、その先の不安を楽しめる心が養えられれば、きっと自分らしい生き方ができるようになると思ってます。

情報発信を通して、同じ境遇や、同じ価値観の人に、私の体験が参考になれば嬉しいです。一回きりの人生、私は思いっきり楽しみたいです。

毎日笑顔で、毎日健やかに生活できること。そういう「充実している生活」を送るために、これからも学び、行動していきます。

一緒に、楽しい人生にしていきましょう!