ライフ

声で伝える重要性。言葉で夢を叶える5つの方法

声で伝える重要性。言葉で夢を叶える5つの方法

 

その1:プラスな言葉を多用する

 

言葉は境遇を引き寄せる。
マイナスな言葉は、思わぬ事態を招く。プラスな言葉は、運を引き寄せる。

 

その2:思ったことは素直に言う

 

思っても言わなければ通じない。
表現には気をつけるが、何事もあっさり伝える素直さが重要である。

 

その3:反省は声で伝える

 

思いは、声にすることが大切。言葉には力が宿っている。
体温や体重を乗せた言葉は、相手の心に届きやすい。

 

その4:願いや目標を声で発する

 

夢は叶ったとして、声に出す。
言葉に秘めた力が、周囲を動かし、夢を叶える。言葉は、無意識に思考をあやつる。

 

その5:言葉や声が人柄をつくる

 

  • 澄み切ったはっきりした声
  • 朗らかな言葉

 

言葉や声は、あなたを現す。習慣で、どうにでも人柄は変えられる。

 

声や言葉で、人柄がつくられる

 

口先ではなく、心のこもった言葉を遣うこと。
なぜなら「口から出た言葉は現実化していく」ためです。

 

  • 〇〇と言われ、傷ついた
  • 〇〇と言われ、嬉しかった
  • 〇〇と言われ、涙した

 

人は「言葉」で理解し、「言葉」で表現します。
日常的に使われているコミュニケーションの一つであり、ないと困る存在です。

 

言葉によって人は成長し、言葉によって気持ちを表現し、言葉によって状況を説明します。

 

たった一言。

そのたった一言には、自分の境遇・相手の境遇、それぞれを変える力を含んでいます。

 

*****

 

「本気なら、声に出して言おう」

 

文字で伝える言葉と、声で伝える言葉。

「声で伝える言葉」は、感情が乗りやすいと感じます。
温もりやトーンが自分の心を体現し、相手の心に直接届けます。

同じ「ありがとう」でも、声の抑揚一つで受け取り方は様々です。つまり「声で伝える言葉」は、相手への贈り物になる言えます。

 

「嬉しい言葉を使うか、嬉しくない言葉を使うか」

 

声に出した言葉を一番聞いているのは、自分です。

その言葉が「嬉しい贈り物」であるなら、無意識に嬉しいものとして受け取ります。その贈り物はやがて、自分の人柄となっていきます。

 

*****

 

感情が入り乱れて、言いたいことが言えなかった。

 

  • ミニマリスト
  • 断捨離

 

思ったことは、素直に言葉にしよう。
言葉の表現に配慮はいるものの、プラスの言葉であれば、素直に言葉にしよう。声に出そう。

 

  • プラスな言葉を多用する
  • 思ったことを素直に言う
  • 反省は声で伝える
  • 願いや目標を声で発する

 

言葉で人柄は変わり、運は引き寄せられると感じます。