ライフ

物事の本質を見抜く。「見る」を改める5つのポイント

物事の本質を見抜く。「見る」を改める5つのポイント

 

その1:何を見ているかを把握する

 

対象を「徹底的」に見る。徹底的とは、記憶する勢いで見るということ。
徹底的に見る習慣がつけば、ものの捉え方が変わってくる。

 

その2:良いものは積極的に見る

 

見ているだけで勉強になる。知識は常にストックさせる。
今すぐ役に立たなくても、いつか役に立つときがくる。

 

その3:見たいものを、すぐに見る

 

「何のために見たいのか」
見るべきならば、すぐ見るべきである。

行動しないと何も変わらない。何ごともやってみることが大切である。

 

その4:なんとなく見るのを止める

 

感性をフル稼働させて見ると、見ている景色が変わってくる。
意識が行動を変え、行動が世界を変える。

 

その5:ありのままに見る

 

好き嫌いやひがんだ見方は、本質を曇らせる。
正しく情報を捉えることは、本質を掴む近道となる。

 

「なんとなく見る」習慣を変える

 

  • 空き時間があれば、スマホを見る
  • ご飯を食べながら、スマホを見る
  • 移動しながら、スマホを見る …etc.

 

スマホの普及により、情報に触れる機会は圧倒的に増えました。
自分が求める情報をAIが学習し、いつしか

 

「情報を探す時代」→「探さずとも情報が現れる時代」

 

へと変わっていきました。

 

情報が溢れるとは、情報の価値を下げることに等しいと感じます。
つまり「情報は活かしてこそ価値がある」と言えます。

 

*****

 

自分が欲している情報に出会うと、気持ちが高まります。

 

  • これが、知りたかった!
  • すごく、勉強になった!
  • これは、役に立つ!

 

まさに「価値の高い情報」です。
ただし、この「価値の高い情報」を本気で活かしている人は何%いるのでしょうか?

 

情報には「鮮度」が伴います。
なぜなら次々と新しい情報が入ってくる時代だからです。情報は、常に更新され続けます。

 

  1. 情報を手に入れる
  2. 情報を落とし込む
  3. 情報に従い実践する
  4. 情報を検証する
  5. 情報をカスタマイズする(情報を活かす)

 

情報を活かすには、5つのステップがあると感じます。ステップ1だけで終わらせないためにも、「情報を活かす」習慣は、身につける必要があると感じます。

 

*****

 

「どの情報が自分に有益な情報なのか」

 

  • ミニマリスト
  • 断捨離

 

環境をすっきりさせることで、思考もスッキリします。
思考がスッキリすれば、情報の本質を捉えやすくなります。

 

「見るときは、徹底的に見る」

 

一つ一つしっかり見ることは、自分の見方を広げることに通ずると感じます。