ライフ

やればできる。運命を好転させる5つの方法

やればできる。運命を好転させる5つの方法

 

その1:ぐずぐずしない

 

チャンスは一瞬である。掴むも無視するも、自分次第。
一瞬が過ぎれば、二度と来ない。ぐずぐずせずに、食らいつく。

 

その2:すぐ止めない

 

自分への約束こそ守るべきである。自分への嘘は、習慣化される。
やってみる。続けてみる。やり続けると、景色が変わってくる。

 

その3:自分で決める

 

チャンスを的確に捉えるには、直観力が不可欠である。
意思のない決断に、直観力はない。自分の人生は、自分で切り開く。

 

その4:信念を固める

 

進む道が決まれば、あとは進むだけである。
進む道が決まれば、チャンスを手繰り寄せやすくなる。

 

その5:言い訳を捨てる

 

やらない理由をつくらない。ぐずつく理由をつくらない。
すべて自分の心持ち次第である。進むべき道を、逆走しない。

 

巡り合わせは、自分でつくれる

 

何事も、やればできる。言い換えれば、やらなければできない。

これは、実に「当たり前」なことです。

ただ、この「やればできる」という実践をする人は、本当に少ないです。

 

  • まぁ、いいや
  • そうなんだけどね
  • 今じゃないよな
  • お金ができてから …etc.

 

直感で「チャンス」と感じていても、現状を理由にチャンスを無視してしまう。
この無視する習慣は、自分の心持ち次第で変えられます。

 

*****

 

チャンスを掴む多くの人は、2種類に分かれます。

 

A, チャンスを確実に捉え、確実に対応する人
B, 目的を明確にし、終始一貫やり抜く人

 

そして、チャンスを掴む人には3つの共通項があります。

 

  1. 自分で決める
  2. 決めたことをやる
  3. やり続ける

 

とてもシンプルなことです。
これが実践できれば、チャンスを自分でつくれるようになります。

 

自分で決め、自分でやる。そして、やったことに言い訳しない。
それが「自分の人生を生きる」ということだと感じます。

 

*****

 

決断するには、決断できる環境が必須です。

 

  • ミニマリスト
  • 断捨離

 

ものを減らすことは、ものを減らす決断をし、ものを減らす実践をすることです。
つまり「ものに迷う」を、止めることです。

 

ものに迷うと、決断が鈍ります。
決断が鈍ると、行動がぐずつきます。
行動がぐずつくと、心持ちが変わります。

 

環境と心持ちは通じています。
故に環境が「言い訳」となり得るなら、環境は改善しなければならないです。

 

「ものを減らせば、チャンスがつかめる」

 

まずは、ものを減らすことから始めるのをおすすめします。