ライフ

過去を断捨離。理想の自分になる5つの心構え

過去を断捨離。理想の自分になる5つの心構え

過去を断捨離。理想の自分になる5つの心構え

 

その1:雰囲気が未来をつくる

 

「あの人は明るい人だ」
そう言われたければ、明るい人を演じきること。

演ずれば、見られ方が変わる。

 

その2:周りは過去を評価する

 

人は他人の未来を、過去でしか測れない。
可能性を信じれるのは、自分のみ。なりたい自分を否定しない。

 

その3:アドバイスに注意する

 

やったことのない人が「やめとけ」と否定する。
体験した人のみに聞くこと。体験した人は、最初から否定しない人が多い。

 

その4:自分を低く見積もらない

 

短所が足を引っ張ってるより、長所が自分を高めている。
そう思う気持ちが大切。

自分が自分を承認してあげる。

 

その5:「余裕がない」は、やめる

 

断り言葉の、余裕がない。これは限界をつくる言葉である。
限界はチャンスを阻害する。知らぬ間に運気が失われる。

 

セルフイメージが、自分をつくる

 

  • 誠実でカッコいい人
  • 話す仕草が可愛い人
  • いつ会っても明るい人
  • 弱い立場の人に優しい人 …etc.

 

自分にとって憧れの存在を、

 

  • 憧れで終わらせる
  • 憧れの人になれるよう頑張る
  • 憧れの人になる

 

この選択は「セルフイメージの強さ」による影響が大きいです。

 

一般的には、「◯◯ができるようになれば、◇◇になれる」という認識が強いです。

ただし、本気でなりたい自分を目指すなら、「◇◇になりきり、◯◯できるように後から努力する」という思考への切り替えをおすすめします。

 

*****

 

「金メダル獲得」を例に挙げます。

 

(A)実力がついたら、金メダル取れる
(B)金メダル獲得のイメージをしてから、実力をつける

 

(A)と(B)では、圧倒的に(B)が金メダルを獲得しやすいと感じます。理由は「行動が変わる」ためです。

 

  • イメージできれば、目標までの最短ルートがわかります。
  • 最短ルートがわかれば、行動の選択が変わります。
  • 行動の選択が変われば、環境も気持ちも変わります。

 

この「行動の選択」には、「他者のアドバイス」が付き物です。

有効なアドバイスは、目標達成させた人(または目標達成に近付いている人)から受けるほうが良いです。的確なアドバイスを受けやすいためです。

逆を申せば、これ以外のアドバイスは聞き流すほうが良いです。目指したことのない人に、目指す人へ的確なアドバイスができる可能性は低いです。

 

*****

 

自分の可能性を一番信じるべき人は、自分です。

◯◯になれるイメージを持ち、◯◯になった気持ちで、◯◯を演じきることが大切です。

 

  • 周りの評価に左右されない
  • 周りの声に左右されない

 

自分を低く見積もらず、しっかり長所を伸ばしていると、個性は自ずと際立ってきます。

自分に限界をつくらず、自分を信じて努力するかが、成長する鍵であると感じます。