ライフ

人生100年を生きる。働きながら学ぶべき5つの理由

人生100年を生きる。働きながら学ぶべき5つの理由

人生100年を生きる。働きながら学ぶべき5つの理由

 

その1:学びが圧倒的に足りなくなる

 

学びが働きの質を確実に決める。
働きながら学ぶは基本であり、働きながら学べないはリスク。

 

学び:20年 → 20年以上
働き:40年 → 55年以上
休み:20年 → 25年未満

 

その2:グローバル化がルールを変えた

 

(戦い方)すもう → プロレス

昔:決められたルール内で戦う。
今:販促も含めてルールとする。

 

正攻法だけが答えでなく、多様な切り口から正解を求める。
正解が一つでない時代へと変わった。

 

その3:勉強の意味が変わる

 

「何を学ぶか」から、「何がしたいか」へ。
あなたの核心を尊重する時代。

義務教育 → 広告・大学 → 就職
この流れは当たり前ではなく、選択肢の一つに過ぎない。

 

その4:情報より、実践の価値が高い

 

情報を知っている人 → 99%
情報を活かしている人 → 1%

知っている人は、使い方を知らない。

 

実践すれば経験となる。
故に「数×回数」は、あなたの武器となる。

 

その5:環境が時間の質を左右する

 

  • 上司が無駄に時間を奪う
  • 仕事以外を考える暇がない
  • 職場がぬるま湯
  • 評価制度に好き嫌いが入る
  • 人の為に働く実感がない…etc.

 

環境を変えるのは、自分次第。

 

学びながら仕事をする時代に

 

寿命が80年→100年へ。20年伸びると従来の生活スタイルは適応できなくなります。

 

  • 会社員として勤務する
  • 定年まで働く
  • 安定した職に就く

 

従来の憧れが全て非常識になりつつあります。

 

  • 会社員が一般的なゴールではなくなる
  • 定年がなくなり第2の人生が始まる
  • 所属による安定は存在しなくなる

 

「それなり」で済んでいた時代に居残ると、仕事は機械に置き換えられます。

パズルを完成させるというゴールが明確な仕事はなくなり、ブロックを柔軟に積み上げるというゴールが不透明な仕事こそ、仕事としての価値が高くなる時代です。

 

*****

 

「働きながら学ぶ」ことは「働きをより楽しむ」ことに近いと感じます。

 

  • 自分がどんな興味があるかを知っている
  • 頭と心に余裕がある
  • 何が自分に必要かを想定できる

 

楽しむためには「自分自身を知っていること」が重要です。上記3項目はもちろん重要ですが、現時点で自分自身を知るに至らない方は、

【自分が捨てるモノ、コトを明確にする】

ことを、まずはおすすめします。

捨てなければどれに注力したら良いのか、脳が把握できないためです。明確化・具体化することで、行動するハードルが格段に下がります。

 

*****

 

「時は金なり」

これは事実であり「時>金なり」と言っても過言ではないです。満足できる人生を歩むためにも「時間の使い方」は改めて考え直す必要があります。

未来は、今の積み重ね。「今をどう生きるか」という意識付け・行動が、未来を設計図通り歩むための唯一の手段となります。