ライフ

終わりを大切に。環境を好転させる5つの習慣

終わりを大切に。環境を好転させる5つの習慣

 

その1:一日の終わりを大切にする

 

一日の終わりを大切にするとは、終わりを全うすることに繋がる。
死に様は、その人の一生を現す。今日はまたと巡ってこない。

 

その2:片付けは速やかに行う

 

そのときを逃すと、億劫になる。やりにくくなる。
ことが終われば、すぐやること。後回しは自分でハードルを上げる行為である。

 

その3:前向きな姿勢を貫く

 

終わりを大切にすると、何を大切にするかが明確になる。
好印象・信頼・人気。喜ばれることがサッとできれば、次第に評価される。

 

その4:「やろう!」と決意する

 

最初は意識する必要があるが、やり始めれば自ずと簡単になる。
公私の分別なく、またやることの大小問わず、習慣は身に付いてくる。

 

その5:終わりは始まりの元である

 

今日の終わりは、明日の始まりに繋がる。
「後でやればいい」とは、明日の始まりを鈍らせる。

 

一日の質を上げる、終わりを大切にする習慣

 

「限りある人生をどう生きるか」

 

今日が人生最後の日とわかっていれば、今日を粗末にする人は少ないと感じます。

 

  • やり残していること
  • 今、変えたいこと
  • 叶えたい夢

 

人生最後の日から今を考える時、今の自分は進むべき時間を過ごしているのか?
そう考えると「今」という時間を、粗末にできないと感じます。

 

*****

 

「終わりを大切にする」とは、「環境を大切にする」ことに繋がると感じます。

 

  • 使った傘の雫を落として片付ける
  • 使ったタオルの端をピンと整える
  • 浴槽や寝具は使う前より美しく揃える

 

ものを大切に扱うと、ものは長持ちします。
ものを大切に扱うと、気持ち良くものが使えます。

それはものに限らず、人も共通だと感じます。

 

  • 速やかな事後報告は、上司の信頼に繋がる
  • 気持ちの良いお見送りは、店の人気に繋がる
  • お願い事をサッと処理すれば、友人の好印象に繋がる

 

「終わりを大切にする」ことで、環境は好転します。
何事も「速やかに」「前向きに」「大切に」ことを成すことが、重要だと感じます。

 

*****

 

  • ミニマリスト
  • 断捨離

 

今日が最後の一日であるなら、何をして過ごしたいのか。

 

自分の人生を、自分で選択して生きる。
シンプルな思考は本質を捉える上で、大切なことだと感じます。