ライフ

現代人が苦手な「待つ」の実践【今を生きる方法を考える】

現代人が苦手な「待つ」の実践【今を生きる方法を考える】

 

現代人のほとんどが待てない。
「待つ」を理解し実践すると、心にゆとりができます。

ポイントは3つです。

 

ポイント①:今を生きることに繋がる

 

次から次へと流れる時間の中で、大切なことが見失いがちになっているのが、今の現代人です。

 

情報が溢れる時代、SNSやブログで、他人の人生の一部を垣間見れるようになりました。

欲しい情報が得やすくなった反面、嫉妬や妬み、不平不満からの自己嫌悪に陥り、自分の人生を見失いやすくなっています。

 

まさに、今を否定する行為です。

 

空間と時間の中に、今があります。
今、この場所。今、この時間。

 

今を生きる上で、大切な考え方は、

 

  • 今、この場所が人生で一番だ
  • 今、この時間が人生で一番だ

 

そう思い、信じることです。

今、命が尽き果てても、今が一番なら、人生は後悔なしです。

 

何をするにもワンテンポ遅らせて、考えを巡らせる。
これが「待つ」ということです。

 

次から次へと流れる時間の中で、自分はどう生きるのか。
少し待って、考えてみる。そして、行動してみる。これが大切です。

 

ポイント②:現代人は未来に囚われがち

 

先々を考えて行動すること。
あれしなくちゃ。これしなくちゃ。

 

「無駄に時間を過ごす」ことを、「時間の浪費」と無意識に認識しており、それをマイナス要素だと感じています。

 

先々を考えて行動することが軸になると、知らず知らずのうちに、未来しか考えられなくなります。

家族の時間を将来の昇進のために犠牲にしたり、周りのことに気が利かなくなってきます。

 

未来は今の積み重ねであることを、本質から理解すべきだと感じます。

 

ポイント③:「待てない」が現代人の特徴であるがゆえに、待たなくて済む社会構造になっている

 

  • ファーストフードの提供時間
  • エレベーターの閉めるボタン
  • 近くにあるコンビニの存在
  • 通販の1クリック購入
  • 宅配の即日発送 …etc.

 

時間短縮が、利用する上での大切な選択の基準となっています。

 

特に顕著なのはスマホです。

サクサク利用できないものは、ストレスになる。待てなくする環境は身近にたくさん存在します。

 

だからこそ「待つ」実践が必要です。待てるは立派な、スキルです。

 

「待つ」ができれば、心の器が大きくなる

 

現代の社会の仕組みは、

 

  • 待てない
  • 我慢できない

 

そういう人が量産されやすい構造になっています。

 

家庭においては、

 

  • 所得が少なく、稼ぐことに時間が取られる
  • 共働きで、育児の時間が限られる
  • 「時短」を生活に取り入れる …etc.

 

職場においては、

 

  • ITの導入など、効率化を積極的に取り入れる
  • 一つのお客様ばかりに時間がかけられない
  • 無駄な残業を禁止され、詰め込まれる …etc.

 

などが、仕組みの一例です。

 

*****

 

「待つ」ことができると、寛容になれます。少しのことで動じず、慌てることが減ります。

 

  • 子どものすることを飽きるまで見守れる
  • 順番飛ばしに苛立たなくなる
  • 会話が早口でなくなる …etc.

 

寛容になると、相手は心地よく感じてくれます。
少しのことで反応しなくなるため、安心感が別格です。

 

*****

 

過去に囚われない生き方。未来に囚われない生き方。

 

一番は、「今を生きる」ということです。

 

過去は変えられないですが、今は変えられます。今を変えようと思ったならば、過去の捉え方を都合よく変えて、今の活力にするのがよいです。

 

今が積み重なって未来があります。未来だけ見ている行動では、足元がふらつきます。

 

今を生きるためにも、何事にも待てる度量は必要だと感じます。

 

あわせて読みたい
教養のある人は、自由度が高い理由【なぜ学ぶのかを理解する】教養のある人は、自由度が高い理由【なぜ学ぶのかを理解する】 教養のある人は、なぜ学び続けるのか?大切なことは2つです。 ...
あわせて読みたい
考え方一つで時間を増やす方法【限られた時間の使い方を考える】考え方一つで時間を増やす方法【限られた時間の使い方を考える】 1日の時間は24時間、平等です。 しかし考え方一つで、時間の使...
あわせて読みたい
考え方一つで時間を増やす方法【限られた時間の使い方を考える】考え方一つで時間を増やす方法【限られた時間の使い方を考える】 1日の時間は24時間、平等です。 しかし考え方一つで、時間の使...