ライフ

紳士的な人に共通する、漏れなく実践している5つの身だしなみ

紳士的な人に共通する、漏れなく実践している5つの身だしなみ

紳士的な人に共通する、漏れなく実践している5つの身だしなみ

 

その1:靴がピカピカである

 

靴が綺麗だと、素敵なところに導いてくれる。
身だしなみの基本は、足元から。

 

その2:爪の手入れが行き届いている

 

指先に意識を向けられる人は、人やモノに配慮できる。
指先は何をするにも必要。最も感謝するべき対象。

 

その3:衣服のシワを伸ばす

 

どれだけ身なりが整っていても、シワがあるだけで崩れる。
シワは心の現れ。伸ばせば心持が改善する。

 

その4:体型を引き締める

 

肉体が心をつくり、習慣をつくる。
体型が締まっているだけで、何をするにも好転しやすい。

 

その5:ハンカチや靴ベラを携帯する

 

衣服を汚さない心がけが、大切にする心をはぐくむ。
大切にする心は人に伝わり、大切にされる存在になる。

 

身だしなみは心を変えられる

 

身だしなみが整っていると相手からの印象が良くなります。また自分の心の乱れが整うのも、身だしなみを整えることのメリットの一つです。

 

*****

 

「靴を大切にすること」

衣服は汚れれば洗うという習慣が身につきやすいですが、足元は意識しないと手入れができません。多くの方が靴をずさんに扱い、履き潰しています。

紳士的な人ほど、できる人ほど、靴を大切に扱います。故に靴を大切に扱っていない人は相手にしない傾向があります。

靴が綺麗だと、靴はあなたを素敵な場所に導いてくれるそうです。

見えないところにどれだけ気を行き届かせられるのか。それが相手に対する配慮であり、ものを大切にするための心の教育に繋がります。「履いた靴を揃える」というのも、同じことです。

 

*****

 

身だしなみを整えるとは、

 

1, 自分を大切にすること
2, 相手を大切にすること
3, ものを大切にすること

 

全てに通じます。だらしない自分、見苦しい自分、やりきれない自分とさよならしたいならば、まずは身だしなみを整えることをおすすめします。

身だしなみは一種の環境であり、環境が心と行動を支配していきます。