ライフ

泣きたい時は泣く。感情に素直に向き合う5つのメリット

感情に素直に向き合う5つのメリット

 

その1:感情の整理ができる

 

感情を塞ぎ込もうとすると、心と体が反発し合う。
怒るべき時は怒らないと、つまらないことで怒り出す。

 

その2:人間性が豊かになる

 

喜怒哀楽の豊かさは、人間の豊かさに直結する。
もっと人前で素直になろう。自分の感情を大切にしよう。

 

その3:世間体ばかりに囚われなくなる

 

人目や評価と距離を置く。人は人、自分は自分である。
大切にすべきは、自分。自分が自分を必ず信じる。

 

その4:根底の変化に、涙は付き物

 

頭で考えた反省は、頭の遊戯に過ぎない。
心から響く反省には、涙が伴う。
涙は浄化・純化させてくれる。

 

その5:次のステップに移れる

 

泣いて泣いて、泣き崩れる。喜び喜び、嬉し涙を流す。
湧き上がる感情に素直になろう。気持ちが晴れると、前進できる。

 

涙が人を、成長させる

 

  • 後悔
  • 悲しみ
  • 悔しさ
  • 喜び
  • 憤慨 …etc.

 

人はあらゆる場面で感情が高まり、涙を流します。
抑えきれない感情をそのまま表現することで、心も体もスッキリします。

 

ただ世間体や評価を気にし過ぎて、

 

  • 泣くべき時に、泣かない
  • 怒るべき時に、怒らない
  • 喜ぶべき時に、喜ばない

 

といったことが、起こりがちになっています。

 

感情の高ぶりを抑制すると、

 

  • 泣くタイミングがわからなくなる
  • 怒るタイミングがわからなくなる
  • 喜ぶタイミングがわからなくなる

 

つまり、自分の「感情の所在」がわからなくなることに繋がります。

自分の感情に素直になることは、自分と向き合い、自分を大切にすることにも繋がってくると感じます。

 

*****

 

私ごとで恐縮ですが、先月、大好きな伯父が亡くなりました。
物心つく前から可愛いがってくれた、伯父。訃報を聞いたときは、耳を疑いました。

 

急いで葬儀場へ向かい、お顔を拝見し…

 

「あ、自分は泣かないんだ。泣けないんだ…」

 

想定していた感情と異なり、どこかで自分の心に冷たさを感じました。
涙すら出ないことに、すごく違和感を覚えました。

 

葬儀も終わり、いよいよ出棺。

 

今まで「寂しい」としか感じていなかった感情に加え、どこからか抑え込んでいた感情が湧き上がるのを感じました。

 

おじちゃん、ありがとう。お世話になりました。

 

この言葉がフッと脳裏をよぎったとき、涙が溢れて止まりませんでした。
胸が締め付けられるのと同時に、伯父とお別れすることを初めて実感しました。

 

*****

 

あのとき脳裏に言葉がよぎらなければ…
あのとき心から涙流さなければ…

 

今もどこかで、前へ進めなかった自分がいるのでは?と感じます。

 

自分の感情に、素直になろう。
素直でいるためにも、世間体より自分としっかり向き合おう。

 

改めて、そう思えました。

 

  • ミニマリスト
  • 断捨離

 

人目を気にしてしまう性格だからこそ、見られても良い状況に身を置くこと。
環境はもちろん、自分の内面も、常にスッキリさせておく必要があると感じました。