ライフ

歩み寄りを大切に。夫婦円満の秘訣【家族について考える】

歩み寄りを大切に。夫婦円満の秘訣

 

仲の良い夫婦にならう、夫婦円満になる秘訣。
そのポイントは4つです。

 

ポイント①:相手の欠点を直そうと思わず、自分の行い・考え方を改めよう。

夫婦とは、異なる性別・価値観を持った2人が、同じ時間を過ごす状態です。

結婚後にわかる価値観の違いが気になり、相手をどうにか改めさせようと努力します。
それが裏目に働いてしまい、ここをの距離が広がっていきます。

 

ポイント②:相手と対立している場合は、自分から対立を止めよう。

相手の癖や欠点は直せないと考えるほうが堅実です。
叱っても促しても、癖や欠点は直りません。

険悪な対立を避け、笑顔で「対立しない」を選ぶべきです。
相手を変えたければ、自分がまず変わることを選ぶべきです。

 

ポイント③:「自分が悪かった」と思ったら、すぐに行動に移そう。

自分の非を感じたとき、それが相手の心のわだかまりである場合が多いです。
だからこそ、すぐに直すべきです。

気づいても改めないというのは、心の器を小さくする行為です。

 

ポイント④:夫は「妻のために」と思い、妻は「夫のために」と思おう。

夫婦は元々、同じ力・同じ重さで釣り合っています。
このバランスが夫婦仲を保つ上で大切です。

相手を思いやる気持ちを、言葉や行動で表現することは大切です。
伝えられると、心が救われます。

 

夫婦円満になる秘訣

歩み寄りを大切に。夫婦円満の秘訣【家族について考える】

 

夫婦円満になる秘訣は、相手の良いところや悪いところ、
すべてを受け入れ、認めることです。

これは夫婦だけの話ではなく、

  • 上司
  • 部下
  • 友人 …etc.

 

にも当てはまります。
誰しも自分を認めてくれる人を大切にしたいと思うものです。

 

異なる価値観を拒否することなく「そんな考え方も素敵だね!」と思い、伝えられる度量が大切です。その度量は、相手と良好な関係を築く上でとても役立ちます。

 

*****

 

  • なんで〇〇してくれないの?
  • 〇〇って前にも言ったのに…。
  • また〇〇しやがって…。

 

攻め心は、言わずとも相手に伝わります。言葉は態度となり、現れるためです。

攻め心が相手に伝わったとき、相手はどういう気持ちになるのか?
多くの場合、相手の気持ちは負に傾く、あるいはあなたに怒りを覚えます。

つまり、良い関係を築くことが難しくなります。

 

  • どうしたら〇〇してくれるようになるかな?
  • どうしたら〇〇を上手く伝えられるのだろう?
  • 何度も〇〇するには理由があるのかな?

 

攻め心の言葉から棘を抜き去り、自分に問いかけるようにします。
そうすることで、攻め心が自分の成長機会に変化します。

 

*****

 

「家族」は所属するコミュニティの最小単位です。
心も体も休める場所であるべきです。

夫婦円満な家庭なら、しっかり充電できます。
充電ができれば、仕事やプライベートのパフォーマンスは格段に上がります。

相手のことを改めようとする前に、まずは自分を改めること。
「自分が成長するチャンス」として、捉えるべきです。

 

あわせて読みたい
ダメなら頭を下げればいい【自分の人生を生きる心構え】ダメなら頭を下げればいい【自分の人生を生きる心構え】 ほんとは〇〇したい。○○だと伝えたい。 本記事は、こんなことを思っ...
あわせて読みたい
行動しないと人が動かない理由【行動で人生を好転させる】行動しないと人が動かない理由【行動で人生を好転させる】 お願いしたのに動いてくれない。何度伝えてもわかってくれない。 人...
あわせて読みたい
自分らしい人生を歩むコツ【今を生き抜く考え方】自分らしい人生を歩むコツ【今を生き抜く考え方】 「自分らしく生きたい」 何をもって自分らしさとするのか。 自分...