ライフ

掃除を徹底すると、環境が好転する5つの実体験

掃除を徹底すると、環境が好転する5つの実体験

 

その1:大切なヒントが得られる

 

掃除を「徹底する」ことが大切である。徹底は、利害なく無心で。
黙々とし続けると、見えなかったことが見えてくる。

 

その2:イライラしにくくなる

 

黙々とやる掃除は、心身を浄化させる「禊ぎ」となる。
環境も清まり、心も清まる。日常的な修行である。

 

その3:言い争いが減る

 

整った環境は、気持ちを落ち着かせる。
気持ちが落ち着くと、話を聞き入れやすくなる。

 

その4:雰囲気が明るくなる

 

気持ちの良い環境が、心を明るくさせる。
心の明るさは、前向きにさせる。笑顔の数も増える。

 

その5:業績が上がる

 

自分の働きを周りは見ている。強制力なく、周りを呼び込む。
掃除は同じ目標を共有しやすい。心を合わせるきっかけになる。

 

毎日の質を上げる、掃除の大切さ

 

掃除が行き届いている家・店舗に行くと、とても気持ちが良いです。
それは自分だけでなく、

 

  • 家族
  • 友達
  • 同僚 …etc.

 

これは、全ての人に共通すると感じます。

 

「環境」について、

 

  1. 「環境が整っている」とは、「環境 → 心」
    整った環境は気持ち良く、心に良い影響を与えます。
  2. 「環境を整える」とは、「心 → 環境」
    環境を変えようとすることで心が磨かれ、結果として環境も整います。

 

掃除を徹底すると、1・2のどちらも得られます。
掃除から得られるメリットは、とても多いです。

 

*****

 

掃除は、日常的な「修行」に変えられます。
修行には、心身を清浄にし、わがままを取り除く力があります。

 

「利害打算を超え、無心で掃除に取り組む」

 

黙々とやっていると、自分の内面が否応なく変わってきます。
自分が変われば、変化は周囲に及びます。

 

  • ガラクタの山は、埃が被っている
  • 放置された田んぼは、荒れ果てている
  • 散らかっていれば、心がすさんでくる

 

掃除を「修行」として捉え、掃除を徹底することで、

 

  • ガラクタがなくなれば、掃除する手間が減る
  • 耕された田んぼは、実りをもたらす
  • 整った環境は、心を落ち着かせる

 

に、繋がると感じます。

 

*****

 

ものが少ないと、掃除するハードルが下がります。

 

  • ミニマリスト
  • 断捨離

 

掃除のしやすい環境であれば、掃除を前向きに捉えられます。
整った環境を維持し続けることで、物事を続ける力も養えます。

 

掃除は「自分の成長に繋がる学び」だと感じます。