ライフ

人間関係を整理する。都合の良い人を辞める3つの考え方

人間関係を整理する。都合の良い人を辞める3つの考え方

人間関係を整理する。都合の良い人を辞める3つの考え方

 

人は3種類に区分けされる

 

  1. 与える人(相手の利益を優先する人)
  2. 共存する人(損得のバランスを考える人)
  3. 奪う人(自分の利益を優先する人)

 

その1:「奪う人」を辞める

 

家族・同僚・部下に対して、奪う人である可能性が高い。
自分の利益を優先すると、相手から煙たがられる。

 

その2:「他者志向的」になる

 

都合の良い人の多くは「自己犠牲的」である。それを辞める。
自分の利益は見失わない。

 

その3:誰に・どこで・いつ・どのように与えるかを決める

 

奪う人とは関わらない。見抜かなければならない。
共存する人を対象にする。

 

「都合の良い人」を卒業する

 

人は3種類に区分けされます。

 

  • 与える人
  • 共存する人
  • 奪う人

 

「都合の良い人」は「与える人」であり、「相手のために」という思いが強いです。それ自体は素晴らしいことで、他者への貢献なくして認められることはあり得ないためです。

では「都合の良い人」とそうでない人を分ける決定的なポイントは何か。それは「他者志向的」であり、「自己犠牲的」ではないということです。

 

*****

 

  • 都合の良い人 → 自己犠牲的
  • 世に言う成功者 → 他者志向的

 

自分の利益を顧みず、ただただ与える人。
それは仕事や思いやりとはならず、奪う人に都合良く使われる人になってしまいます。

人によっては優位な立場や近い存在である時に「奪う人」に変わります。社長や上司が「奪う人」であるなら、それはあなたを都合良く扱う人に他なりません。

「石の上にも三年」「継続は力なり」とかではなく、あなたの人生をむしばんでいる可能性が高いです。

ぼくなら迷わず、そこから去ります。時間はお金に変えられないためです。

都合良く扱われ続けると自己肯定感がさらに下がり、益々都合の良い人になっていきます。

 

*****

 

世に言う成功者はどうして都合の良い人にならないのか。それは、

 

  • 誰に
  • どこで
  • いつ
  • どのように

 

「与える」ということを無差別ではなく、明確にしているためです。

「奪う人」には決して与えず、「共存する人」にどうやって与えるべきかということを徹底的に考え、与えています。

人間関係が整理されると心が穏やかになります。それにより生活の質が向上します。