ライフ

1分前は「過去」という考え方【後悔を反省に変える仕掛け】

1分前は「過去」という考え方【後悔を反省に変える仕掛け】

 

反省して、経験を糧にしたい。けど、いつも後悔しがちになる。

前向きな人から教わった考え方。
それは、1分前は「過去」であるという考え方です。

要点を2つ、お伝えします。

 

要点①:過去は過去(結果)として捉えることで、現在と過去を分けて考えやすくなる

 

1分前は「過去」として考えることで、現在の結果として過去があると考えやすくなります。

 

常に過去は現在の行動した結果の反映であるため、現在の行動が過去をつくります。

過去を良くするも良くしないも現在であり、過去は過去として割り切る上で、1分前は「過去」として考えると理解しやすいです。

 

一つ例を挙げます。

スマホで撮影した動画を「過去」とするなら、撮影中が「現在」です。

 

撮影した動画を見て落ち込む。

→これを止めます。

とはいっても動画を見てしまいがちになるため、見ても害がないように動画を編集するべきです。動画を編集するとは、動画のもつイメージを変えること。つまり、過去(結果)に対する見方を都合の良いように変えることです。

もしくは動画を平常心で見て、良いところ・悪いところを意識して見つめるのも有効です。

 

良いところを応用する。
また悪いところを改善する。

これが、反省です。

 

過去は不変の結果です。

結果は結果として捉えることが、過去と現在を分けて考える上で非常に大切です。

 

要点②:1分前を「過去」として考えると、過去を認識する上でイメージしやすい

 

過去は過去、今は今。

と言われますが、これは意味が広く取られがちで、イメージが湧きにくいです。

 

ついさっきのことは、過去です。

と考えた方がイメージしやすく、また過去が場面として切り取りやすくなります。

 

どのように過去を印象付け、過去を認識するのかで、今からの行動が変わってきます。

 

過去を過去として捉えるスキルを手に入れる

 

「過去・現在・未来」

過去という行動した結果が現在をつくり、その現在が繰り返されることで未来がつくられます。

こう考えると「過去・現在・未来」は連動しているように感じますが、過去と現在・未来は連動していないと考えた方が良いです。

なぜなら過去だけが「経験」であり、現在・未来は「経験」ではなく「未知」であるためです。

 

「経験」は時として、現在・未来の足かせとなります。

 

*****

 

原則として、人は「経験」に依存しがちになります。
「経験」は安心に繋がるためです。

「変わらなくて良いなら、変わりたくない」

これが、人の真理です。

そう考えると、過去が現在の行動に関与しがちになることは、一般的であるといえます。

 

過去を前向きに捉えているのなら良いですが、過去を後ろ向きに捉えているなら注意が必要です。理由は、後ろ向きである感情が行動に制限をかけてしまうためです。

 

  • 〇〇かもしれないけど、前は△△だったしな…
  • 〇〇であることを認めたくない
  • 〇〇なはずがない …etc.

 

〇〇という可能性の芽を、過去が完全に摘んでいます。
だからこそ過去を結果として捉え、未知に対応する経験として扱う必要があります。

 

  • △△だったから、次は〇〇してみよう
  • 〇〇である可能性が高いのは事実だ
  • 誰が見ても〇〇として考えるだろう

 

ことの見方で、全てが変わるように感じます。

 

*****

 

1分前を「過去」として捉えること。

何をしようと、何が起ころうと、全てが過去になります。

 

人は過去に依存しがちになるものとして認め、改めて過去は過去(結果)として考えることができれば、現在の行動は自ずと変わってくると感じます。

 

あわせて読みたい
自分らしい人生を歩むコツ【今を生き抜く考え方】自分らしい人生を歩むコツ【今を生き抜く考え方】 「自分らしく生きたい」 何をもって自分らしさとするのか。 自分...
あわせて読みたい
現代人が苦手な「待つ」の実践【今を生きる方法を考える】現代人が苦手な「待つ」の実践【今を生きる方法を考える】 現代人のほとんどが待てない。 「待つ」を理解し実践すると、心にゆとり...
あわせて読みたい
物を捨てれば幸せになる理由【ミニマリストの考え方】物を捨てれば幸せになる理由 なぜ物を捨てれば幸せになれるのか? それは、物を持たないことで、ムダな悩みが解消されるためです。...